読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマー・ワーク・キャンプ(SWC)2015 無事開催いたしました

 9月12日(土)13日(日)と2日間にわたって行われましたサマー・ワーク・キャンプ(SWC)2015ですが、無事開催終了いたしました。参加者のみなさま本当にありがとうございました。2日間の参加者数は以下の通りでした。

 

1日目(12日) 59名(学校司書:27名、学生:19名、その他:13名)
2日目(13日) 45名(学校司書:30名、学生:5名、その他:10名)
✳︎2日間通しての参加者実数 66名(学校司書:31名、学生:20名、その他:15名)

 

 ということで、当初予定した定員をはるかに超えるという、嬉しい結果となりました。
また今年は、3つの大学から学生さんが参加して、色々な企画を行っていただけました。久々に大勢の学生さんがいる中で、ユニークな活動に取り組めたことは、私どもSLiiiCの目指す「働き人と学び人の共創」の理想的なかたちであったと思います。
✳︎SWC2015の内容については、この後電子図書による報告書としてまとめて、公開する予定です。

 

 「学校図書館と生涯教育」という大きなテーマを掲げましたが、どこまでこのテーマにせまれるのかは、正直言って未知数でした。しかし、ご登壇いただきました講師の方々が、私どもの意図をよく汲み取って、的確に導いてくださったおかげで、参加者の皆様の大変よい学びとなったことは間違いありません。そのことは、数々の当日の成果に表れていると思います。改めて、高井陽さん、日向良和先生、小峰直史先生のお三人に御礼申し上げます。また、大学の先生方に率いられた学生さんたちの、ピュアな言動や真摯な様子に私たちはどんなに感激させられたことでしょう。白百合女子大学図書館ピアサポーターLiLiA及び「生涯学習概論」受講者のみなさま、都留文科大学図書館サークルLibropassのみなさま、そして専修大学小峰直史ゼミナールのみなさま、本当に来てくださってありがとう!そして素晴らしい学びを提供してくださってありがとうございました。

 

 この2日間の活動は、白百合女子大学という素晴らしい環境で行われました。快く会場を提供してくださった大学関係者のみなさま、また大学図書館職員のみなさまに心より御礼申し上げます。また、2日目のSLiiiCマーケットにて物販を行ってくださった方々、皆様のおかげでパーティは大盛り上がりでした。「これが楽しみで来た」という声も聞きましたが、まったくその期待に違わないものでした。そして、資料をご提供くださいました株式会社ソフテック、株式会社ブレインテック、朝日新聞社の関係者様にも感謝申し上げます。また、株式会社キハラ様には、物販参加だけでなく様々なサポートをしていただきました。ありがとうございました。

 

 私は主催者側として動く必要があったため、当日の学びに直接参加することはできませんでしたが、かわりにみなさまの様子をよく見られる立場でした。だれもが本当に楽しそうに生き生きと、学び、POP作りにいそしみ、お買い物し、そして交流する姿を見ていて、本当によかった、こういうイベントをすることができてなんて幸せなんだろう、と思いました。どうぞこの学びと経験を現場に持ち帰って、みなさまのこれからの活動に役立てていただければと思います。

 

 さあ、私たちは今年もステップアップできました。そして来年はさらに先へ!
再びみなさまにSWC2016でお会いできますことを、スタッフ一同心より願っております。

みなさま、また来年!

 

学校図書館プロジェクトSLiiiC 代表
横山寿美代